時差ボケの心配がないオーストラリア

オーストラリアは日本とは異なり南半球に位置していますが、それでも日本との時差は観光地として有名なシドニーではわずかプラス1時間となっており、西部に位置するパースではマイナス1時間とほとんど時差の心配をしなくてもいいようになっています。

海外旅行に行くとどうしても時差でしばらく体調を整えられない人が多く見られますが、オーストラリアでは旅行の初日から体調万全で楽しむことができるようになっています。

時差の心配がいらないオーストラリアでは、ハードスケジュールを組んでも大丈夫となっているため、短期間の旅行でも行きたい場所をたくさん訪れることが可能となります。大自然や動物など、オーストラリアは見どころ満載となっています。

オーストラリアの四季

日本とは異なり南半球に位置しているオーストラリアは、四季が日本とは全く反対となっていて、日本の真夏が真冬となり、日本の真冬が真夏となっています。さらにオーストラリアの広大な土地の大部分は日本よりも赤道に近くなっているため、1年を通して温暖な気候となっているところが多く、非常に過ごしやすい気候となっています。

広大な土地にはそれだけ多くの自然があり、日本では決して見ることができない感動のシーンが繰り広げられています。

さらにコアラやカンガルーなどのそこでしか見ることができない動物達もかなり魅力となっていて、オーストラリアにはたくさんの世界遺産があり、何日いても飽きないようになっていて、近代的な建物も数多く存在しています。

日本人に優しいオーストラリア

オーストラリアはかつてイギリスの植民地だったことから、母国語が英語となっています。オーストラリア英語は聞きづらいという人もいますが、トータル的にはアメリカ英語やイギリス英語よりも分かりやすいと言われていて、その理由はたくさんの民族が集まる民族国家だからとされています。

言葉が違ういろいろな民族が集まり英語を話すため、できるだけ分かりやすい言葉を使おうとしているようです。

オーストラリアには日本を愛する親日家も多いと言われていて、そのため日本人には優しいとされており、オーストラリアを留学先に選ぶ学生も非常に多く、オーストラリアには日本語を話せる人もたくさんいるため、英語を話すことができない日本人旅行客でもそれほど不自由することはないとされています。